fc2ブログ

VHF-DX blog ~海外FMを聞く~

FM-DXの受信情報や受信音を紹介します 時間は全てJSTです

2024年3月31日で閉局するコミュニティFM放送局

2024年3月31日で5局のコミュニティFM放送が閉局

●FMあおぞら(宮城県亘理町) [2023年10月からの休止でもしやと思っていたが、やはり‥‥]
 https://fmaozora.com/info/5613720

●FMちゃお(大阪府八尾市)
 http://792.jp/company/info/230921.pdf

●ハニーFM(兵庫県三田市) [ネット配信で継続]
 https://fm822.com/archives/49091

●シティエフエム都城(宮崎県都城市)
 https://portal.btvm.ne.jp/news/82044.html

●FMニライ(沖縄県北谷町)
 https://www.fmnirai.com/

栃木県足利市のコミュニティ放送局に予備免許

栃木県足利市のコミュニティ放送局に予備免許

総務省関東総合通信局は、足利コミュニティFM株式会社から免許申請のあった超短波放送局(コミュニティ放送局)に対して、令和6年2月21日付けで予備免許を付与しました。本放送局は、市民・地域文化の振興、地域経済の活性化及び防災対策を推進するために開設するものです。

あしかがエフエム

関東総合通信局 2月21日付報道資料を要約
https://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/2024/0221ho.html

FM DAMONO 公式サイト
http://www.damono.jp/

公式Facebook
https://www.facebook.com/fmdamono/

公式X
https://twitter.com/fmdamono

公式Instagram
https://www.instagram.com/fmdamono/

鹿児島県長島町の一部地区で地上デジタル放送の受信状況を改善 -受信障害対策中継放送を行う基幹放送局に免許-

鹿児島県長島町の一部地区で地上デジタル放送の受信状況を改善
-受信障害対策中継放送を行う基幹放送局に免許-

九州総合通信局は、鹿児島県長島町から申請のあった2地区における受信障害対策中継放送を行う基幹放送局について、加世堂地区に対しては令和6年1月31日付けで、
汐見地区に対しては本日付で免許を付与しました。これらの免許付与により、同町における地上デジタル放送の受信状況の改善が図られることになります。
なお、当該放送局は同町が当省の令和4年度放送ネットワーク整備支援事業費補助金(共聴施設ネットワーク強靱化支援事業)Fを活用し整備したものです。

長崎
長崎

九州総合通信局 2月20日付報道資料を要約
https://www.soumu.go.jp/soutsu/kyushu/press/240220-1.html

市町村が免許を受けるFMギャップフィラー局免許の報道資料はよくあるが、市町村に対するテレビのギャップフィラー局免許交付の報道資料は珍しい。
なぜ、これを報道資料として発表するのか分からない。放送ネットワーク整備支援事業費補助金交付だからか。

広島県熊野町において臨時災害放送局の開設訓練を実施

広島県熊野町において臨時災害放送局の開設訓練を実施
<お持ちのFMラジオ(77.3MHz)でお聞きいただけます>

中国総合通信局は、令和6年3月2日、広島県安芸郡熊野町で開催予定の「熊野東防災交流センターまつり」において、株式会社FMはつかいち及び株式会社NHKテクノロジーズの協力により臨時災害放送局の開設訓練を次のとおり実施します。なお、開設訓練では、お持ちのFMラジオ(77.3MHz)で防災講演会や熊野町職員による「熊野東防災交流センターまつり」の内容をお聞きいただけます。

1 実施日
  令和6年3月2日(土)

2 開設する臨時災害放送局の概要
(1) 設置場所:熊野東防災交流センター(住所:広島県安芸郡熊野町初神3-11-13)
(2) 周波数:77.3MHz
(3) 空中線電力:50W
(4) 想定放送エリア:熊野東防災交流センター及びその周辺
(5) 放送時間:10時から15時まで(予定)
(6) その他:「4 開設訓練で放送される内容」は、想定放送エリア内ではお持ちのFMラジオでお聞きいただけます。

3 開設訓練の手順
(1) 熊野町から中国総合通信局へ臨時災害放送局用設備の貸与を要請
(2) 中国総合通信局から熊野町へ同設備を無償貸与する旨、連絡
(3) 熊野町から中国総合通信局へ臨時災害放送局の開設に関する免許申請を提出
(4) 中国総合通信局から熊野町へ免許状交付
(5) NHKテクノロジーズ広島総支社の協力を得て、臨時災害放送局用設備一式を中国総合通信局から熊野町へ搬送し設置
(6) 臨時災害放送局により「4 開設訓練で放送される内容」を放送
(7) 熊野町から中国総合通信局へ臨時災害放送局の廃止届を提出
※ 訓練のため臨時災害放送局の開設に関する書面での手続きは省略し、電話連絡とします。
  なお、臨時災害放送局での放送は中国総合通信局の実験試験局を活用します。

4 開設訓練で放送される内容
(1) 広島エフエム放送株式会社 アナウンサー 磯貝 修也 氏(広島県「みんなで減災」推進大使)による防災講演会の内容を紹介。
(2) 株式会社FMはつかいち 執行役員 局長 倉本 良一 氏からアナウンス技術の指導を行い、熊野町職員等によりセンターまつり会場の様子を紹介。

中国総合通信局 2月9日付報道資料を要約
https://www.soumu.go.jp/soutsu/chugoku/hodo_2023/01sotsu08_01001591.html

2月18日に文京区で臨時災害放送局の試験放送

文京区のサイトに臨時災害放送局試験放送の告知が掲載されています。
https://www.city.bunkyo.lg.jp/bosai/bosai/bousai/kinkyu/rinzisaigaifm.html

昨年と同様なら期日数日前に免許が交付されるかもしれません。
2024年は関東総通からの報道資料なしでした。
https://fmdx.blog.fc2.com/blog-entry-2814.html

「本試験放送後のベリカードの発行はございません」と釘を刺されていますが、
昨年同様、文京区アマチュア無線局災害非常通信連絡会が発行してくれるそうです。
https://twitter.com/BARD_ARESC/status/1755534934905856087

「ぶんきょうくりんさいじっけん・10W」
https://twitter.com/KenBcl/status/1759188582919786865

水戸市で臨時災害放送局の運用訓練の実施

臨時災害放送局の運用訓練の実施
-ラジオ放送による情報伝達手段の確立に向けて-

総務省関東総合通信局は、水戸市との連携により、臨時災害放送局の運用訓練を令和6年2月8日(木曜日)に水戸市において実施します。

1 概要
 これまでに発生した災害では、臨時災害放送局や地域のコミュニティ放送局がきめ細やかな災害情報を地域住民に向けて放送し、被害の軽減・復興支援などに大きな役割を発揮するなど、災害時におけるラジオの有用性があらためて注目されています。
 本訓練は、大規模災害時に自治体などの「臨時災害放送局」の円滑な開設及び運用に向けて、自治体からの要請に基づく設備の貸付け及び同設備による住民に向けた情報の伝達などを想定して実施するものです
2 日時
 令和6年2月8日(木曜日)午前10時から午前11時15分まで
3 場所
 茨城県水戸市中央1-4-1 水戸市役所庁舎内
4 訓練内容
 大規模な地震による被害を受けた水戸市が、臨時災害放送用設備を借受け、運用を行うことを想定し、以下の内容で実施します。

・臨時災害放送局の運用訓練
 実際に電波を発射し運用する放送訓練を実施します。周波数等は以下のとおりです。
 ア 周波数 78.8MHz
 イ 運用時間 午前10時から午前11時15分まで(予定)
 ウ 聴取エリアの目安 水戸市の一部地域

関東総合通信局 2月6日付報道資料を要約
https://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/2024/0206ho.html

「かんとうりんさいエフエムじっけん1」とありますが、
https://www.hamlife.jp/2024/02/07/kanto-soutsu-rinjisaigaifm20240208/

過去の例から「かんとうりんさいえふえむじっけん1」だと思われます。
https://fmdx.blog.fc2.com/blog-entry-2845.html

酒田エフエム放送の中継局に予備免許

酒田エフエム放送株式会社のコミュニティ放送中継局に予備免許
- 山形県酒田市等で受信環境が改善 -

東北総合通信局は、酒田エフエム放送株式会社から免許申請のあったコミュニティ放送(FMラジオ)中継局3局に対し、本日付けで予備免許を付与しました。本日予備免許を付与した3局は、主に酒田市内に放送サービスを提供するためのコミュニティ放送の中継局です。これにより、コミュニティ放送が聴きづらくなっていた酒田市中野俣地区、北俣地区及び平田地区並びに庄内町の一部においてコミュニティ放送の受信環境が改善し、聴取エリアが広がります。

エフエム坂田

東北総合通信局 1月25日付報道資料を要約
https://www.soumu.go.jp/soutsu/tohoku/hodo/20240124a1001.html

CBCラジオと東海ラジオに豊橋FM補完中継局の予備免許

株式会社CBCラジオ及び東海ラジオ放送株式会社に豊橋FM補完中継局の予備免許
<令和6年3月目途にワイドFMで聴取可能となる予定です>

総務省東海総合通信局は、株式会社CBCラジオ及び東海ラジオ放送株式会社から申請のあったFM補完中継局について、本日付けで予備免許を付与しました。本FM補完中継局による放送サービスが開始すると、両社のAMラジオ放送と同一の番組をFMラジオ放送で聴くことができるようになります。なお、両社は、令和6年3月目途に本FM補完中継局による放送サービスを開始する予定です。

豊橋中継局

東海総合通信局 1月9日付報道資料を要約
https://www.soumu.go.jp/soutsu/tokai/kohosiryo/2024/0109.html

奈良県田原本町のコミュニティ放送局に予備免許

田原本町のコミュニティ放送局に予備免許を付与
-奈良県内で5局、近畿管内で42局に-

近畿総合通信局は、一般社団法人田原本まちづくり観光振興機構から免許申請のあったコミュニティ放送局に対し、本日、予備免許通知書を交付しました。
同放送局は令和6年の春頃に放送を開始する予定です。

たわらもとエフエム

近畿総合通信局 12月21日付報道資料を要約
https://www.soumu.go.jp/soutsu/kinki/01sotsu07_01002130.html

FMいるか北斗市中継局開局

http://www.fmiruka.co.jp/event_topics/2023/1201-12291/

総務省の無線局免許状等情報によると、北斗市への免許でなく自社免許。
https://www.tele.soumu.go.jp/musen/SearchServlet?SC=1&pageID=3&SelectID=2&CONFIRM=0&MK=BBC&SelectHSK=04&IT=&HC=01&HV=236&KHS=&FF=&TF=&HZ=3&NA=%94%9F%8A%D9%8ER%83%8D%81%5B%83v%83E%83F%83C%8A%94%8E%AE%89%EF%8E%D0&DFY=&DFM=&DFD=&DTY=&DTM=&DTD=&SK=4&DC=100&as_fid=812398764c87dd487ebdd800ee442c2c7f0c8dd5#result

静岡県袋井市において災害時FMラジオの開設訓練を実施

静岡県袋井市において災害時FMラジオの開設訓練を実施
<災害時を想定した口頭免許訓練をします!>

総務省東海総合通信局は、静岡県袋井市が令和5年12月3日に実施する地域防災訓練において、同市に対し市所有の臨時災害放送局設備を対象に、
臨機の措置による口頭免許訓練を行います。なお、袋井市による放送訓練等の実施のため、実験試験局の免許(周波数89.6MHz)を付与しております。

1 訓練概要
(1)実施内容
   ア 臨機の措置による口頭免許訓練  
     袋井市が所有する臨時災害放送局用設備について、東海総合通信局に対して口頭による免許申請がなされ、
     同市に対して臨機の措置による免許を行う訓練を実施します。
   イ 袋井市による訓練放送  
     袋井市は、発災時を想定した内容の訓練放送を実施するとともに、袋井市内各地でのFMラジオ放送受信調査を実施します。
     なお、この訓練放送は、袋井市内(一部地域を除く。)において、住民の方がお持ちのFMラジオ【周波数 89.6MHz】で聴取可能です。
(2)予定日時
   ア 臨機の措置による口頭免許訓練:令和5年12月3日(日) 午前9時~
   イ 袋井市による訓練放送:令和5年12月3日(日) 午前9時30分~11時30分

2 訓練放送で使用する実験試験局の概要

免許人:袋井市
識別信号:ふくろいしりんさいエフエムじっけん
送信所設置場所:袋井消防庁舎・袋井市防災センター(住所:袋井市国本2907)
周波数:89.6MHz
空中線電力:20W

東海総合通信局 11月24日付報道資料を要約
https://www.soumu.go.jp/soutsu/tokai/kohosiryo/2023/1124.html

「ふくろいしりんさいエフエムじっけん」となっていましますが、これまでの例から「ふくろいしりんさいえふえむじっけん」が正しいと思われます。口頭による免許申請訓練と言いつつ、既に免許が交付されている書き方になっています。まだ総務省の無線局免許状等情報には掲載されていませんが、9月に行われた埼玉県所沢市の「ところざわしりんさいえふえむじっけん」には独自に5年間の実験試験用免許が交付されています。袋井市もこのような免許が交付されている可能性があります。所沢市も袋井市と同様、独自に臨災FMの設備を所有しています。
https://www.tele.soumu.go.jp/musen/SearchServlet?pageID=4&IT=A&DFCD=0004511223&DD=1&styleNumber=21

12月1日(?)に総務省の無線局免許状等情報へ追加。免許交付は11月20日、期間は2週間。期限切れで週明けには削除されたのでキャプチャ画面。

袋井

津波注意報発表のため口頭申請の訓練および袋井市による訓練放送は中止、実験試験局の免許の範囲において試験電波は発射したそうです。
https://www.soumu.go.jp/main_content/000915432.pdf

三重県鳥羽市において災害時FMラジオの開設訓練等を実施

三重県鳥羽市において災害時FMラジオの開設訓練等を実施
<FMラジオ(79.5MHz)、インターネット配信で聴取できます!>

総務省東海総合通信局は、令和5年11月26日に鳥羽市で開催される「三重県・鳥羽市・伊勢市総合防災訓練」において、鳥羽市、三重エフエム放送株式会社及び一般社団法人日本コミュニティ放送協会東海地区協議会と連携し、臨時災害放送局の開設訓練を行うとともに、訓練放送を実施します。なお、訓練放送のインターネット配信実験及び県域放送事業者(三重エフエム放送株式会社)から協力を得て実施する臨時災害放送局の訓練放送は、東海管内初となります。

1 訓練概要
(1)日時
   令和5年11月26日(日) 午前9時~11時30分
(2)臨時災害放送局の設置場所、周波数及び放送エリアの目安
   ・場所:鳥羽市民体育館サブアリーナ(住所:鳥羽市大明東町4-8)
   ・周波数:79.5MHz
(3)実施内容
  ア 開設訓練 
    鳥羽市が東海総合通信局から放送設備を借り受ける想定で、臨時災害放送局を開設する訓練を実施します。
  イ 訓練放送
    三重エフエム放送株式会社及び一般社団法人日本コミュニティ放送協会(以下「JCBA」という。)東海地区協議会から人材派遣や機器の貸与等の協力を得て、
    両団体のパーソナリティによる災害関連情報や三重県・鳥羽市・伊勢市総合防災訓練の内容を紹介するほか、インタビュー等を交えながら訓練放送を実施する予
    定です。また、鳥羽市内の学生などによる放送体験も予定しています。なお、この訓練放送は、鳥羽中央公園周辺の住民の方がお持ちのFMラジオ
    【周波数 79.5MHz】で聴取可能※です。※同訓練会場で実施する親子電波教室で作製したラジオでも聴取できます。
   ウ インターネット配信の実験
    JCBA東海地区協議会の協力を得て、JCBAが運営する「JCBAインターネットサイマルラジオサイト」でも訓練放送を同時配信します。
    (実験的な取組となりますので、会場の通信環境により、配信が不調になる可能性がありますこと、あらかじめ御理解ください。)

  ○インターネット配信URL(「JCBAインターネットサイマルラジオサイト」内)
    https://www.jcbasimul.com/demo

東海総合通信局 11月20日付報道資料を要約
https://www.soumu.go.jp/soutsu/tokai/kohosiryo/2023/1120.html

「民放ラジオ難聴解消支援事業」補助金の交付を決定 三原市

令和5年度無線システム普及支援事業費等補助金 <「民放ラジオ難聴解消支援事業」補助金の交付を決定>

総務省は、令和5年11月15日付けで令和5年度第2次予算「無線システム普及支援事業費等補助金(民放ラジオ難聴解消支援事業)」の交付を決定しました。
中国総合通信局管内では、次のとおり、1団体が交付決定を受けましたのでお知らせします。

三原市

中国総合通信局 11月16日付報道資料を要約
https://www.soumu.go.jp/soutsu/chugoku/01sotsu08_01001574.html

前回同様、FMみはらか?
https://www.soumu.go.jp/soutsu/chugoku/hodo_2020/01sotsu08_01001192.html

AMラジオ放送の運用休止を告知

総務省のサイトで今回の放送免許再交付の際、AM局の運用休止に係る特例措置の適用希望申請があった局に関して、詳細なスケジュールが発表されています。
下記サイトから各放送局のお知らせへのリンクが貼ってあります。

https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/housou_suishin/am_station.html

AMラジオ放送の運用休止

申請があった局の全てが認められたようです。

https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu09_02000323.html

長野県総合防災訓練で臨時災害放送局の開設・運用訓練

長野県総合防災訓練で臨時災害放送局の開設・運用訓練等を実施します

1.訓練日時=令和5年10月22日(日) 午前9時から12時40分まで
2.訓練場所=中野市防災広場(長野県中野市小舘159番地2)
3.訓練内容=臨時災害放送局の開設・運用訓練
       長野県総合防災訓練において、テレビ北信ケーブルビジョン株式会社の協力を得て、臨時災害放送局の開設・運用訓練を実施します。
       訓練に使用する無線局の概要は、次のとおりです。

しんえつりんさいえふえむじっけん1

信越総合通信局 INFO・NET信越 Vol.371 (令和5年10月19日発行)を要約
https://www.soumu.go.jp/soutsu/shinetsu/sbt/infonet/infonet371.html#News2

9月11日に77.3,89.2MHzで「しんえつりんさいえふえむじっけん2/JS2ZC」が試験電波を発射していたそうです。
https://twitter.com/the_wave_hunter/status/1701106838262235478
https://twitter.com/the_wave_hunter/status/1701109177689801133

高知県四万十市のコミュニティ放送局に予備免許

高知県四万十市のコミュニティ放送局に予備免許
≪高知県内で2番目のコミュニティ放送局≫

四国総合通信局は、MSI株式会社から免許申請のあったFM放送局(設置場所:高知県四万十市)について、本日付けで予備免許を付与しました。
四国では8番目の開局となります。

FMはたらんど

四国総合通信局 10月13日付報道資料を要約
https://www.soumu.go.jp/soutsu/shikoku/press/2023101301.html

イベント用FM放送局に免許 -燃ゆる感動かごしま国体・かごしま大会の開会式・閉会式を実況放送-

イベント用FM放送局に免許
-燃ゆる感動かごしま国体・かごしま大会の開会式・閉会式を実況放送-

九州総合通信局は、燃ゆる感動かごしま国体・かごしま大会実行委員会から免許申請のあったイベント用FM放送局に対し、本日付けで免許を付与しました。本イベント用FM放送局は、令和5年10月に開催される、特別国民体育大会(燃ゆる感動かごしま国体)及び特別全国障害者スポーツ大会(燃ゆる感動かごしま大会)の開会式・閉会式の模様を放送し、来場する視覚に障害のある方などに向けた情報提供を行うことを目的に開設されるものです。

かごしま国体・かごしま大会イベントエフエム

九州総合通信局 9月29日付報道資料を要約
https://www.soumu.go.jp/soutsu/kyushu/press/230929-2.html

北陸放送の羽咋FM補完中継局に免許

北陸放送のFM補完中継局に免許 ~羽咋市、七尾市、志賀町、宝達志水町、中能登町におけるAM放送の難聴を改善~

 総務省北陸総合通信局は、北陸放送株式会社から免許申請のあったFM補完中継局(MRO羽咋FM)について、9月22日付けで免許を付与しました。これにより、羽咋市、七尾市、志賀町、宝達志水町、中能登町で外国波混信による難聴があったAM放送と同一の番組をFM放送で聴取することが可能となります。 なお、本FM補完中継局は、9月25日に放送開始を予定しています。概要は、以下のとおりです。

MRO羽咋

北陸総合通信局 9月22日付報道資料を要約
https://www.soumu.go.jp/soutsu/hokuriku/press/2023/pre230922_01.html

9月25日開局
https://twitter.com/twittanikawa/status/1694639170160058463
https://www.mro.co.jp/widefm/

神奈川県茅ヶ崎市のコミュニティ放送局に予備免許

総務省関東総合通信局は株式会社茅ヶ崎エフエムから免許申請のあった超短波放送局(コミュニティ放送局)に対して令和5年9月8日付けで予備免許を付与しました。

ちがさきエフエム

関東総合通信局 9月8日付報道資料を要約
https://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/2023/0908ho.html

公式サイト
https://chigasaki-fm.com/

九都県市合同防災訓練・中央会場で災害対策用映像伝送システム、 臨時災害放送局用設備(FM)等の展示・試験運用を実施

九都県市合同防災訓練・中央会場で災害対策用映像伝送システム、
 臨時災害放送局用設備(FM)等の展示・試験運用を実施

 総務省関東総合通信局輔は、関東地方非常通信協議会及び株式会社エフエムさがみと連携して、神奈川県相模原市内で開催される「第44回九都県市合同防災訓練」の中央会場において、最新の災害対策用映像伝送システム、臨時災害放送局用設備及び災害支援のための情報通信機器の展示並びにデモンストレーションを行います。

1 展示日時
令和5年9月1日(金曜日)9時00分から12時30分まで

2 会場
相模総合補給廠一部返還地(相模原市中央区内)
及び相模原スポーツ・レクリエーションパーク

3 実施内容
(1)公共ブロードバンド移動通信システム(公共BB)の展示・デモ(実験試験局の運用)
 今年度導入された新たな移動通信システムを用いて実際に電波発射し、映像伝送のデモを実施します。被災地における被災状況把握に役立ちます。
 概要等は以下のとおりです。
  ア、運用時間 9時00分から12時00分までの間で適宜
  イ、実施エリア 上記会場内

(2)臨時災害放送局用設備の展示・デモ(実験試験局の運用)
 株式会社エフエムさがみと共同で臨時災害放送局用設備を用いて実際に電波発射して、放送試験を実施します。
  ア、周波数 77.1MHz
  イ、運用時間 9時00分から12時00分まで(予定)
  ウ、聴取エリアの目安 上記会場内及びその周辺
 また、試験の一環として、一般社団法人日本コミュニティ放送協会(JCBA)関東地区協議会の協力を得て、JCBAが運営する「JCBAインターネットサイマルラジオサイト」でも同時配信します(あくまで試験の一環となりますので、会場の通信環境により、配信が不調になる可能性がありますこと、予めご了知願います)。

関東総合通信局 8月24日付報道資料を要約
https://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/2023/0824b.html

「おだわら防災フェスタ2023」に臨時災害放送局設備を出展

「おだわら防災フェスタ2023」に臨時災害放送局設備を出展
-FMラジオ、ネット配信のデモンストレーションを実施-

 総務省関東総合通信局は、小田原市及びFM小田原株式会社と連携して8月26日(土曜日)に小田原市で開催される「おだわら防災フェスタ2023」において、臨時災害放送局用設備の展示と同設備を用いたデモンストレーションを行います。

 関東大震災から100年の節目である本年、改めて防災について考える機会となるよう開催される小田原市関東大震災100年事業のイベントにおいて、地域の防災対策の推進に寄与することを目的に、以下によりブース出展を行うものです。

1 日時
令和5年8月26日(土曜日) 12時から15時まで

2 会場
小田原市役所前庭・西側駐車場(神奈川県小田原市荻窪300番地)

3 実施内容
会場において、次の内容でブース出展します。

臨時災害放送局用設備のデモ(実験試験局の運用)
FM小田原株式会社と共同で臨時災害放送局用設備を用いて実際に電波発射して、放送試験を実施します。

周波数 88.5MHz
運用時間 12時から15時まで(予定)
聴取エリアの目安 上記会場内及びその周辺

 また、試験の一環として、一般社団法人日本コミュニティ放送協会(JCBA)関東地区協議会の協力を得て、JCBAが運営する「JCBAインターネットサイマルラジオサイト」別ウィンドウで開きますでも同時配信します。(あくまで試験の一環となりますので、会場の通信環境により、配信が不調になる可能性がありますこと、予めご了知願います。)

関東総合通信局 8月24日付報道資料を要約 
https://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/2023/0824ho.html

富山県総合防災訓練において臨時災害放送局(臨時FM放送局)の開設訓練を実施

富山県総合防災訓練において臨時災害放送局(臨時FM放送局)の開設訓練を実施

 総務省北陸総合通信局は、令和5年度富山県総合防災訓練(主催: 富山県、高岡市)において、下記のとおり、臨時災害放送局(臨時FM放送局)の開設訓練を実施します。また、当局から地方公共団体等へ貸与可能な災害対策用移動通信機器や災害対策用移動電源車を展示し、来場の方に見て、触れて、体感して頂くこととしています。

1.訓練日時 
令和5年8月27日(日) 8:30~12:00

2.訓練場所
高岡テクノドーム(富山県高岡市二塚322-5)

3.訓練想定
(1)大雨や地震により、高岡市が整備する防災行政無線が使用不能、また携帯電話も不通となり、地域住民や滞在者に対して緊急避難情報や被災者支援情報の発信ができなくなった。
(2)高岡市は、臨時災害放送局を使って情報発信することとし、北陸総合通信局に対して、口頭にて臨時災害放送局設備(FM設備)の無償貸与の要請と、臨時災害放送局の開設申請を行い、北陸総合通信局は、臨機の措置により臨時災害放送局の免許を付与する。
(3)併せて、この臨時災害放送局の放送内容を、音声Web配信システムを用いて、スマートフォンにインターネット経由で送信する実験も実施する。この実験は、一般社団法人テレコムサービス協会北陸支部及び北陸情報通信協議会の協力を得て実施する。

4.臨時災害放送局諸元
(1)設置場所 高岡テクノドーム駐車場
(2)周波数 88.2MHz
(3)その他
 放送は、富山シティエフエム(77.7MHz)及びラジオたかおか(76.2MHz)
の協力により運営し、両放送局からも同じ内容で送信します。(8:30~10:30)

北陸総合通信局 8月23日付報道資料を要約
https://www.soumu.go.jp/soutsu/hokuriku/press/2023/pre230823_01.html

コミュニティ放送局「エフエムあまがさき」の免許承継 -みんなのあま咲き放送局への免許承継を許可-

コミュニティ放送局「エフエムあまがさき」の免許承継
-(一社)みんなのあま咲き放送局への免許承継を許可-

 近畿総合通信局は、一般社団法人みんなのあま咲き放送局から無線局免許承継申請のあった公益財団法人尼崎市文化振興財団所属の無線局の免許人の地位の承継について、本日許可しました。本件は、公益財団法人尼崎市文化振興財団から一般社団法人みんなのあま咲き放送局への放送事業の譲渡に伴う無線局の免許承継であり、概要は以下のとおりです。

エフエムあまがさき

近畿総合通信局 8月9日付報道資料を要約
https://www.soumu.go.jp/soutsu/kinki/01sotsu07_01002083.html

株式会社アイビーシー岩手放送のFM補完中継局に予備免許

株式会社アイビーシー岩手放送のFM補完中継局に予備免許
- 田野畑村及び普代村などで受信状況が改善 -

 東北総合通信局は、株式会社アイビーシー岩手放送から免許申請のあったFM補完中継局に対し、本日付けで予備免許を付与しました。FM補完中継局は、AMラジオ放送局の放送地域における難聴対策や災害対策として、AMラジオの放送番組をFM の周波数により放送するために開設する中継局です。この田野畑局が開設されることで、地理的・地形的な影響によりAMラジオ放送の受信が困難であった田野畑村及び普代村などでも、株式会社アイビーシー岩手放送の放送番組をFMラジオを使って聴くことができるようになります。

IBC田野畑

東北総合通信局 8月4日付報道資料を要約
https://www.soumu.go.jp/soutsu/tohoku/hodo/20230804a1001.html

11月1日本免許交付 11月1日開局
https://www.soumu.go.jp/soutsu/tohoku/hodo/20231101a1001.html

在阪3民放の京都中継局が10月29日で廃止

https://abcradio.asahi.co.jp/kyoto_end/

https://www.mbs1179.com/kyoto_info/

https://www.obc1314.co.jp/news/kyoto/

甲賀市のコミュニティ放送局に予備免許

甲賀市のコミュニティ放送局に予備免許を付与 -滋賀県内で5局、近畿管内で41局に-

近畿総合通信局は、有限会社三瀧商店から免許申請のあったコミュニティ放送局に対し、本日、予備免許通知書を交付しました。
同放送局は本年度内に放送を開始する予定です。

みなくちエフエム

近畿総合通信局 7月25日付報道資料を要約
https://www.soumu.go.jp/soutsu/kinki/01sotsu07_01002077.html

公式サイト
https://fm-hana.net/

文京区が防災訓練で放送試験 臨時災害放送局(FM)を活用し防災対策を推進                              -臨時災害放送局専用周波数77.1MHzを活用-

 総務省関東総合通信局は、文京区から免許申請のあった実験試験局に対して、本日付で免許を付与しました。本放送試験は、6月18日(日曜日)に開催される「青柳小学校避難所総合訓練」において、文京区が実験試験局免許人として、同区の所有する臨時災害放送局用設備を用いて、災害時における情報伝達手段として有用な臨時災害放送局の開設・運営訓練及びこれによる災害情報の伝達訓練、区民への周知などを行うことを目的に実施されるものです。

ぶんきょうくりんさいじっけん

関東総合通信局 6月16日付報道資料を要約
https://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/2023/0616ho.html

苫小牧市のコミュニティ放送局に予備免許

苫小牧市のコミュニティ放送局に予備免許

 北海道総合通信局は、令和5年3月31日、とまこまいコミュニティ放送株式会社から免許申請のあったコミュニティ放送局について予備免許を付与しました。

とまこまいエフエム

北海道総合通信局 3月31日付報道資料を要約
lhttps://www.soumu.go.jp/soutsu/hokkaido/2023/0331a.html

https://fm-tomakomai.mods.jp/
https://www.facebook.com/groups/fm.tomakomai/
https://twitter.com/FM51166248

静岡放送の富士・富士宮中継局に免許

静岡放送株式会社の富士・富士宮中継局に免許
<富士宮市・富士市・静岡市清水区のAM放送難聴地域がFM放送で聴取可能に>

 総務省東海総合通信局は、静岡放送株式会社から申請のあったFM補完中継局(注)に対して、本日付けで免許を付与しました。これにより、地理的・地形的要因等により静岡放送のラジオ放送(AM放送)を良好に受信できなかった富士宮市・富士市・静岡市清水区の一部において、FM放送で聴くことができるようになります。

SBS富士・富士宮

東海総合通信局 3月10日付報道資料を要約
https://www.soumu.go.jp/soutsu/tokai/kohosiryo/2023/0310-2.html

RADIO SANQ(尾張東部放送)の品野中継局に免許

株式会社尾張東部放送の品野中継局に免許
<瀬戸市品野地区のコミュニティ放送難聴を改善>

 総務省東海総合通信局は、株式会社尾張東部放送から申請のあった品野中継局に対して、本日付けで免許を付与しました。これにより、地理的・地形的要因により尾張東部放送のラジオ放送(コミュニティ放送)を良好に受信できなかった瀬戸市品野地区において、コミュニティ放送を聴くことができるようになります。

FM_SANQ

東海総合通信局 3月10日付報道資料を要約
https://www.soumu.go.jp/soutsu/tokai/kohosiryo/2023/0310.html

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

Author:Ino

神奈川でVHF-DX/BCLやってます
メインRX:Airspy R2+SDR#
サブRX:AOR AR5000
ANT:CREATE CLP5130-1
QTH:Kanagawa, Japan

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

月別(表示年指定)

カテゴリ

受信情報 (954)
国内局情報 (818)
中国局情報 (434)
台湾局情報 (23)
韓国局情報 (16)
北朝鮮情報 (16)
ロシア局情報 (159)
ウクライナ局情報 (1)
フィリピン局情報 (1)
ベトナム局情報 (2)
返信情報 (268)
返信情報 民放 FM/TV (137)
返信情報 NHK FM/TV (12)
返信情報 民放 中波 (52)
返信情報 NHK 中波 (36)
返信情報 その他 (30)
懐かしのQSL (40)
懐かしのQSL 日本 (6)
懐かしのQSL 韓国 (10)
懐かしのQSL 中国 (15)
懐かしのQSL 台湾 (9)
過去の受信音 (109)
ロシア局受信音 (14)
中国局受信音 (80)
韓国局受信音 (6)
北朝鮮局受信音 (2)
台湾局受信音 (2)
国内局の受信音 (4)
その他受信音 (1)
その他 (7)
未分類 (3)

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

訪問者数

タグリスト

ブログ内検索

リンク

QRコード

QR

designed by たけやん