fc2ブログ

VHF-DX blog ~海外FMを聞く~

FM-DXの受信情報や受信音を紹介します 時間は全てJSTです

高知県黒潮町の臨時災害放送実験試験局に予備免許

高知県黒潮町の臨時災害放送局開設に向けた実験試験局に予備免許
≪四国初‐南海トラフ巨大地震等に備え、8月29日に受信調査を実施≫

四国総合通信局は、高知県黒潮町が臨時災害放送局開設に向け、避難所での受信状況等の調査を行うために開設する実験試験局2局に対して、平成27年8月14日付けで予備免許を付与しました。高知県黒潮町は、南海トラフ巨大地震等の災害発生時における住民への情報伝達手段を拡充するため、臨時災害放送局の開設準備をおこなっています。今回、町独自に配備した機器と四国総合通信局から無償貸出しを受けた機器を活用して、臨時災害放送局による避難情報等の放送を想定した実験試験局2局を開設し、平成27年8月29日に町内の避難所等で受信状況等の確認を行う予定です。臨時災害放送局開設に向けた実験試験局の予備免許を行うのは、今回が四国内でははじめてです。また、総務省より臨時災害放送局用機器の貸出しを行うのは、今回が全国ではじめてです。

◎呼出名称=くろしおちょうりんさいえふえむじっけん1~2
◎電波の型式、周波数及び空中線電力(注)=200K F8E 79.3MHz 20W
◎調査予定日=平成27年8月29日
◎調査内容=高知県黒潮町内の避難所等での受信調査
◎臨時災害放送局用機器の貸出期間=平成27年8月10日から9月7日まで

(注) 周波数等は今回開設される実験試験局で用いられるものであり、将来、
   高知県黒潮町内に臨時災害放送局を同じ内容で開設することを保証するものではありません。

四国総合通信局 報道資料 8月14日付を要約
http://www.soumu.go.jp/soutsu/shikoku/press/20150814.html

コメント

見事にコピペなんですけど、これってまずいんじゃ?

ご指摘ありがとうございます

総務省サイトでは「複製、公衆送信、翻訳・変形等の翻案等、自由に利用できます」とあります。
ただし、完全コピペでなく内容を一部要約しているのに明記していないので、この点は以後気を付けます。
http://www.soumu.go.jp/menu_kyotsuu/policy/tyosaku.html

官公庁の場合は我々の税金で成り立っていますし
一般市民に広く告知するのが目的ですから寛容なんでしょうね。
Inoさんが書かれているように今後は要約している旨書き添えればいいんじゃないでしょうか。

放送局の場合は著作権法に基づいて引用を認めていますね。
http://www.tbs.co.jp/company/rights-j.html
http://www.fujitv.co.jp/userguide/iprights.html
http://www.nhk.or.jp/toppage/nhk_info/copyright.html

ところで、最近は災害時に備えた実験局がポツポツ出てきましたね。
以前でしたら災害時に備えてCFMを開局させるのが主流でしたが
CFMの維持が困難で閉局する局も出てきたので
八王子や取手のようにイベント放送局で放送して可聴範囲などのデータを取り
閉局後も放送設備はそのままにして災害時に備える賢い方法が増えてきましたね。

こんすさん

各種情報ありがとうございます。

これからもこのような実験局は増えるでしょうね。
今回もさらりと書いてますが、各総合通信局で送信機を準備しているようですし、
実験放送を行った後も年に1回くらいは訓練しないと本番の運用に支障が出るでしょうし。

こんにちは。

最近はいろんな形態の放送局が増えてますね。何十年に一度あるかどうかの災害に備えてコミュニティFMを開局させるのもどうかと思うので、臨時災害放送局という発想は悪くないんじゃないでしょうか?

ところで、今回の局はコールサインがないんですかね?八王子や静岡県内のときは一応割り当てられてましたけど。

こんにちは。

設立に数千万円、年間維持するのに数百万円(?)でコミュニティFMを開局するのは大変ですからね。

今回は実験局として免許を受けているので呼出符号はないのではないでしょうか。
昨年のインターエフエム電波伝搬実験、かずさ電波伝搬実験と同様と思われます。
両局を総務省の免許情報検索で見ても該当項目は空白になっていました。
八王子や名取はイベント局として免許を受けたので「JOYZ」になっています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
https://fmdx.blog.fc2.com/tb.php/1645-cc349cb5

 | HOME | 

文字サイズの変更

TV-FM 受信ガイド 2022 PDF 配布のお知らせ


JVUDXCでは「TV-FM 受信ガイド 2022 PDF版」を配布しています。ご希望の方は下記を参照。

https://fmdx.blog.fc2.com/blog-entry-38.html

プロフィール

Author:Ino

神奈川でVHF-DX/BCLやってます
メインRX:Airspy R2+SDR#
サブRX:AOR AR500
ANT:CREATE CLP5130-1
QTH:Kanagawa, Japan

カレンダー

09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

月別(表示年指定)

カテゴリ

受信情報 (920)
国内局情報 (781)
中国局情報 (434)
台湾局情報 (23)
韓国局情報 (15)
北朝鮮情報 (15)
ロシア局情報 (157)
ウクライナ局情報 (1)
フィリピン局情報 (1)
返信情報 (265)
返信情報 民放 FM/TV (135)
返信情報 NHK FM/TV (12)
返信情報 民放 中波 (52)
返信情報 NHK 中波 (36)
返信情報 その他 (29)
懐かしのQSL (40)
懐かしのQSL 日本 (6)
懐かしのQSL 韓国 (10)
懐かしのQSL 中国 (15)
懐かしのQSL 台湾 (9)
過去の受信音 (109)
ロシア局受信音 (14)
中国局受信音 (80)
韓国局受信音 (6)
北朝鮮局受信音 (2)
台湾局受信音 (2)
国内局の受信音 (4)
その他受信音 (1)
その他 (6)
未分類 (3)

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

訪問者数

タグリスト

ブログ内検索

RSSリンクの表示

QRコード

QR

designed by たけやん